2010年11月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 言葉でアンチエイジング(11/26)
  3. 膀胱炎の症状(11/24)
  4. ナーディー・ショーダナ(11/19)
  5. リンパマッサージをおこなう場合(11/16)
  6. リンパマッサージで足のむくみを解消(11/10)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

言葉でアンチエイジング

2010.11.26(17:24)
アンチエイジング。
つまり若さを保つのは、言葉からも実行することができます。

まず、日々使う言葉やクセに焦点を当ててみましょう。
言葉やクセからのアンチエイジングで、1ヶ月で生まれ変わった自分を実感できると思います。
もう年だから、とか、若い人はいいね、こんな言葉は禁句です。
実際の年齢はスパッと忘れてしまいましょう。

今、一番なりたい年齢をいつも心に念じておきましょう。

アンチエイジングの為に、これはひとつのアファーメーションです。
ある意味、自分自身を洗脳してしまうわけです。
最初は不自然でも、意外と自然に言動もその年齢になっていくものです。
心の力でアンチエイジングするわけです。

女性なら、マニキュアやペディキュアをしてお洒落するのも、また心が華やいで、雰囲気まで若々しくなってくるものです。

若さはまず気持ちからです。
後ろ向きな言葉は使わないようにしましょう。
スポンサーサイト
健康情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

膀胱炎の症状

2010.11.24(13:16)
腸内細菌が尿道をさかのぼって膀胱で増殖して起こる病気が膀胱炎です。
腸内細菌は、大腸・直腸にすんでいる菌ですので、肛門や周囲には必ずいます。
女性の場合だと、肛門からまず膣に細菌がすみつきます。
そこから、尿道、膀胱、腎盂へと侵入していきます。
この為、女性の方が、膀胱炎や腎盂腎炎をよく起こします。

症状としては、排尿痛、頻尿、残尿感、下腹部痛、尿混濁などです。

細菌が増殖してくると、排尿時に痛みを感じるようになります。
病院に行かないで我慢していると、そのうち排尿しない時にも下腹部が痛むようになってしまいます。
細菌に膀胱粘膜が傷つけられて、血尿が出ることもあります。

膀胱炎では発熱しないので、熱がある時は、腎盂腎炎を起こしていると思われます。

[PR]
マッサージ 東京
マッサージ 東京
家庭の医学 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ナーディー・ショーダナ

2010.11.19(13:45)
手軽に誰でもできる呼吸法であり、しかし簡単で効果の高いといわれるナーディー・ショーダナを紹介します。
ナーディは経絡、ショーダナは浄化法のことです。
経絡の詰まりを取り除いて通気をよくするための呼吸法となります。
身体の毒素の排出を促してドーシャ(アーユルヴェーダでいわれるエネルギー)のバランスを整えます。
ストレスを解消し精神を落ち着かせるリラックス法としても効果があります。

呼吸は楽な気持ちで行います。
姿勢は、両足を組んで床に座る蓮華座か、椅子ならば両足を床につけるようにすると安定します。
お臍の下あたりに意識を置いて姿勢を正します。
そして、肩の力を抜きましょう。
息を吐くときは、身体の中の悪いモノを一緒に吐き出すようなイメージを持ってください。

まず右手の親指で右の小鼻を抑えるようにして鼻の孔を塞ぎ、左の孔からゆっくりと息を吐き出し、ゆっくりと吸います。
次に右手中指または薬指で左の孔を塞ぎ、親指をはずし、右の孔から息を吐き出した後、吸い込みます。
これを交互にくり返してください。

呼吸を整えることで、次のような効果が得られます。
身体のストレスが和らぐ、脈拍が落ち着く、血圧が下がる、皮膚の代謝がよくなる、循環器系の機能が高まる、自律神経系の働きが落ち着き交感神経が鎮まる、筋肉がほぐれる、免疫系が強化される

ナーディー・ショーダナには、身体が活性化して、肌も美しくなるという美容効果も見込めます。
ぜひ、生活に、とり入れてもらいたい呼吸法です。
健康情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

リンパマッサージをおこなう場合

2010.11.16(12:34)
リンパマッサージは、基本的な知識を覚えることで、本格的なサロンへ通わなくても自宅で手軽にはじめられることができるマッサージです。

例えば足のむくみを解消したいためにリンパマッサージをしたいと思ったら、膝から膝の裏へ向かって、またくるぶしから膝の裏へ向かって指で軽く押しながらさすります。
そして膝の裏も円を描くようにマッサージします。
これを5~6回ほど繰り返すだけです。
実際に行なってみても、とても簡単です。

要点はリンパ液を刺激しながら、リンパ節と呼ばれる場所の流れを促進させることです。
リンパマッサージは自宅で簡単に行なえることからセルフエステとも呼ばれています。

デトックス効果も大きいですから、毎日の生活に取り入れることでアンチエイジングの効果も期待できます。
リンパやリンパ節の場所を詳しく知りたい場合には、リンパマッサージに関する本やWEBサイトが参考になると思います。

とりあえずやってみようというせっかちな方がリンパマッサージをおこなう場合には、心臓から遠い場所から心臓へ向かっておこなうことと、わきの下や鎖骨、膝の裏などにあるリンパ節に向かっておこなうこと、適度に圧をかけてやりすぎに気をつけることを注意点としてお伝えしておきます。

また病気の時や妊娠中、生理中、飲酒後のマッサージは避けてください。
健康情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

リンパマッサージで足のむくみを解消

2010.11.10(15:21)
脚のきれいな人は、スタイルが良く見えますね。
ミニスカートを平気で履けるようなそんな美しい足になるためにもリンパマッサージもとても効果的です。
足は身体の中で一番下の部分にあるのでむくみやすい場所なんですよね。

仕事帰りや夕方になると靴がきつくなってくるなど毎日むくみを実感している人も少なくないと思います。
リンパマッサージで足のむくみを解消したり老廃物の排出を促すと、引き締まるので足が細くなる効果もあります。
マッサージで足が細くなるのであれば、これは嬉しいことです。

足のむくみはふくらはぎの筋力が弱く余分な水分を体の上半身へ送れないことが原因のひとつと言われています。
そんな身体に溜まった余分な老廃物を排出するリンパマッサージの方法は、つま先から足首へ、足首から膝へと、身体の下から上へと行なうマッサージが基本です。

むくみなどが溜まりやすいふくらはぎは、特に優しくそして丁寧に行なうことが大切です。

また膝の裏はリンパ節と呼ばれる部分です。
膝の裏に円を書くようにしっかりとマッサージしておきましょう。
お風呂上りなどにリンパマッサージを行なうことで足のむくみが減り足が細くなったと実感できる人もいるようです。

毎日のリンパマッサージは足美人になるには必要不可欠ですから、面倒と思わずに続けていくよう努力していきたいですね。

[PR]
オイルマッサージ 新宿
中央区 アロママッサージ
美容法 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。