2010年12月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 腰痛と背骨の関係 その3(12/29)
  3. 腰痛と背骨の関係 その2(12/27)
  4. 腰痛と背骨の関係(12/22)
  5. 姿勢を良くしてアンチエイジング(12/20)
  6. 快眠でアンチエイジング(12/15)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

腰痛と背骨の関係 その3

2010.12.29(12:01)
ヒトは骨格的にも、背骨の動きの面からいっても、腰痛という爆弾をかかえていると言って良いでしょう。
だからといって誰でも腰痛を起こすというわけではありません。
大阪 マッサージでも言うようにその取っ掛かりがあるのです。

そのひとつが姿勢です。
姿勢が悪いと背骨の生理的彎曲が崩れ、一部の背骨や筋肉に大きな負担がかかってしまいます。
特に腰痛を起こしやすいのは、俗にいうところのそり腰の人になります。

腰椎は少し反っているのが通常ですが、この反りが強すぎると椎骨の後ろ、つまり椎間関節で身体を支えることになります。
ここは本来体重を支える部位ではないので、反ると椎骨自体の後ろ側のあきが狭くなって圧迫されてしまいます。
これが神経を圧迫したり、筋肉を疲労させて腰痛を起こす要因となってしまいます。

筋力の弱さも腰痛の原因のひとつです。
背骨と関係する背筋、腹筋、臀筋はマッサージ 天王寺区のように丈夫である必要があります。
背骨がいくらしっかりしていたとしても支える筋肉が弱ければ、疲労が早くくるだけでなく背骨の動きも不安定で、腰を痛めやすくなります。
腹筋が弱いと腰椎が前方に彎曲し、腰椎を悪化させる大きな原因にもなります。
良い姿勢を保つには、足の筋肉を強くすることも大切です。
スポンサーサイト
腰痛 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

腰痛と背骨の関係 その2

2010.12.27(12:00)
背骨は、尾骨まで含めると32個から35個の椎骨という骨がレンガのように積み重ねられてできています。
椎骨と椎骨は背骨の後ろ側でかみ合い、椎間関節を構成します。
しかし椎骨は硬い骨ですので、そのままではお互いにぶつかり合い、きしんでしまいます。
そこでそんなことがないよう、椎骨の間にクッションとして挟みこまれているのが、椎間板という弾力性のある軟骨です。

椎間板は、椎骨の動きに従って圧縮されますので、背骨の動作を可能にすると同時に、1個1個の骨にかかる衝撃を軽減しています。
衝撃は、背骨の生理的彎曲によっても軽減されます。
背骨が真っ直ぐの棒で作られていれば、とんだり跳ねたりした衝撃がそのまま脳を直撃してしまいます。
しかし、実際には背骨が彎曲し、しかも弾力があるので、衝撃は脳に伝わるまでにずっと小さく抑えられているのです。

しかし、こうした衝撃を吸収する為に、反っている腰の部分は大きな圧力を受けてしまいます。
背骨の動き自体も問題となります。
おじぎをすると、いちばんよく曲がるのは腰であり、正確にいえば腰椎の4番と5番です。
胸椎は肋骨という大きな骨を抱えているので、前方へは僅かにしか曲がりません。
上半身を90度に曲げる時、腰椎が45度曲がり、残りの角度は骨盤の回旋によってまかなわれています。
腰椎はこのように動く範囲が広いので、それを支える筋肉の負担も大きく、疲労が重なると腰痛を起こしやすくなるのです。
日々の出来事 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

腰痛と背骨の関係

2010.12.22(13:20)
約80%の人は腰痛を経験するといわれています。
なぜ、それほど腰痛に悩む人が多くなるのでしょうか。

太古、人類が四足歩行の時、背骨は上半身と下半身を水平につなぐ梁のような役割をしていました。
上半身はニ本の前足、下半身はニ本の後足で無理なく支えられていたわけです。
ところが、ニ足歩行になるとともに、背骨は直立を余儀なくされてしまいました。
もともと梁用に作られた骨格ということで、簡単には直立することができません。
例えば、股関節です。
四足歩行の場合だと、犬や猫を見ても分かるように、骨盤と足が股関節で大きな角度をつくっています。
ニ足歩行をする為には、まず足と骨盤を真っ直ぐにつながなくてはならないのです。
ニ本の足で体を支えようとすれば、上体は大きく前方に傾いてしまいます。

これを補うために年月をかけて変形したのが背骨です。
背骨を横から見ると、腰の部分で前方に弓形に反り返っています。
骨盤から背骨が反り返って立ち上がることにより、上半身は真っ直ぐに立つことができるのです。

更に首を持ち上げる為に、背骨は首の部分でも前方にふくらみを持たせました。
腰と首のS字形の彎曲を、背骨の生理的彎曲といいますが、これは同時に人体の弱点となってしまいました。
反り返ったカタチで重い上半身を支える腰と、頭を支える首に過重な負荷がかかり、腰痛や肩こりを起こしやすくなってしまったのです。
腰痛 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

姿勢を良くしてアンチエイジング

2010.12.20(12:45)
悪い姿勢は老化を早めるという人もいます。
老化防止では血液やリンパが淀みなく体内を巡ることで、細胞に栄養を供給し、老廃物を排泄することが基本となります。

姿勢が悪いせいで身体のバランスが悪くなると、血管やリンパ管なども捻れたり圧迫されたりしてしまいます。
捻れたホースに水を流してもスムーズに流れないのと同じ状態です。

身体の歪みは、当然内臓の働きにも影響を与えてきあmす。
栄養素も吸収しにくくなったりします。
ですので、アンチエイジングには、身体のゆがみをとることも大切です。

歪みがとれると見た目にもスッキリと若々しく見えてくると思います。

偏った姿勢を続けた時は反対側にも捻っておくようにしましょう。
座り方や仕事時の姿勢も意識的に変えてみることも良いと思います。

また、自分の身体の歪みはなかなか分かるづらいものなので、プロに診てもらうのもひとつの方法です。
姿勢にも気を配ることでより効果的なアンチエイジングになります。
健康情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

快眠でアンチエイジング

2010.12.15(11:23)
毎日の睡眠は、アンチエイジング的にも非常に重要です。
マッサージ 東大阪の後のようにぐっすり眠ってすっきり目覚める。
それができるということは、健康面でも充実していると言うことです。

枕やシーツ、パジャマなど、寝具にこだわっただけで、疲れの取れ方も変わってきます。
気持ちよい起床ができてこそ、睡眠でアンチエイジングができるのですから、良い睡眠についても考えていきましょう。

深く落ち着いた眠りを実現することは、脳神経を回復し、脳の機能を高める事だと言われています。
眠っているうちに脳細胞のたんぱく質の生産がうながされて、脳細胞が壊れるのを少なく してくれます。

ですので、イライラした気分を抑える鎮静作用のあるカルシウムは眠りを助けてくれます。
大豆、乳製品、ゴマ、小魚、海藻類、小松菜、春菊、チンゲンサイなどに多く含まれていますので、眠れなくて困っている人は、マッサージ 難波と同じく積極的に摂取してみてください。
また、眠れない時の飲み物なら、ホットミルクや薄く切った玉ねぎを酢に漬け込んだドリンクを飲んでみましょう。
健康情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。