2011年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 現代人と運動不足(01/31)
  3. 肘の痛み(01/28)
  4. 膝の痛み(01/26)
  5. 腰痛の原因について(01/21)
  6. 心の健康(01/19)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

現代人と運動不足

2011.01.31(18:53)
肩こり・腰痛、体重増加や不眠などの体調の変化から運動不足を実感している人も少なくありません。
日本では経済の高度成長期以降、日常生活における身体活動量が減少しました。
身体活動量が減った結果、意識的に運動しなければすぐに運動不足の状態に陥ってしまいます。
肥満、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や骨粗鬆症が起こりやすくなるなど健康への害が発生します。

運動不足の身体への影響についての研究では、大学生にベッド上安静の生活を20日間させたところ、体脂肪率が増加し、最大酸素摂取量が30%程度減少しています。
スポンサーサイト
生活習慣病系 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

肘の痛み

2011.01.28(17:05)
肘の痛みには様々な原因があります。
スポーツや仕事で肘を酷使して起こる場合もあれば、それ以外の病気が原因で起こることもあります。
変形性関節症や肘部管症候群、肘内障などがあります。

肘痛も腱鞘炎もどちらも手首や指の酷使によって起こる疾患です。
腱鞘炎は、腱鞘が炎症を起こして腱のすべりが悪くなり、指を動かすたびに痛みが発生するという病気です。

肘痛は、長時間指を使う以上に、指を使う姿勢に問題があると言えます。
キーボードの角度や姿勢が非常に筋肉や腱に負担をかけることもあるのです。
手首と肘の角度が自然にゆったりとできる状態の作業を心がけましょう。
肘痛 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

膝の痛み

2011.01.26(11:18)
膝の痛みの原因はさまざまですが、膝の怪我や加齢によって、膝の軟骨や骨の破壊が進んだ状態がほとんどだ。
自分の体重や、怪我などで関節に負担がかかり、膝の軟骨が痛み、骨も変形してくることがある。
こうなると、膝関節が痛み、動きも悪くなってしまう。
なかには、関節に水がたまって腫れてくることもある。
女性の場合、膝の痛みが発症・悪化する要因は、肥満や0脚との関係もある。
膝の痛みのほとんどが、「変形性膝関節症」であるといわれている。

リンパマッサージ 大阪市西区で膝の痛みを軽減

膝痛にもさまざまなタイプがあるが、急に痛み出した場合は「急性関節炎」、徐々に痛み出した場合は「慢性関節炎」と考えられる。どのようなときに膝痛が起きるかによって病名の診断がつく。

疲れたなと感じたらマッサージ 福井
健康情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

腰痛の原因について

2011.01.21(19:28)
腰痛やが起こる原因は色々あるので、一概にこれが原因だと断定はできない。

特に腰痛の場合、その言葉は広い意味で用いられている、「腰が痛ければ腰痛」という具合だ。

日本人は3人に1人が腰痛と言わているくらい、その原因や症状は沢山存在しているのだ。

しかし、腰痛の一般的な原因をあえて挙がるなら、姿勢を悪く保っていたことや、その人の筋力が不足しているということがあるだとう。

腰痛が起きる外的な原因の具体例は、長時間同じような姿勢をとったり、猫背の傾向、靴が足にあっていないことなどある。

これらは全て、姿勢が悪いことがその原因だ。

また、運動不足や加齢に伴う筋肉の衰弱が原因で姿勢は崩れていく、腰痛も存在する。

この他の腰痛の原因としては、更年期障害などが挙げられる。

肩こりや腰痛は、更年期障害が起こることと深く関わっているとされている。

そして、椎間板ヘルニアや、ぎっくり腰などの症状は、背骨に原因があり、腎臓結石などは内臓の病気が原因での腰痛として知られている。
腰痛 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

心の健康

2011.01.19(15:07)
身体の健康と深く結びついているのが、心の健康だ!
一見、タフボーイに見える俺だが、過去にメンタルをやられそうになった経験が何度かある。

心の健康とは、
■情緒的健康=自分の感情に気づいて表現できること
■知的健康=状況に応じて適切に考え現実的な問題解決ができること
■社会的健康=他人や社会と建設的でよい関係を築けること
■人間的健康=人生の意味を見出し、主体的に人生を選択すること
に分けることができる。

個人の資質や能力はもちろんのこと、身体状況、社会的状況、環境、対人関係などの要因が関係している。
そのため、心の健康には多角的なアプローチが必要だ。
習慣や行動の形成や、維持などについて行動科学に基づいたメンタルヘルスケアを、各方面で取り入れていく必要がある。各方面っていうのは、行政、会社、病院、学校、家庭などを指している。
健康情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。