スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

1日3食を食べることが大切

2010.10.26(15:30)
ダイエット中でも、1日3食を食べることが大切です。
食事の間があきすぎると、身体が栄養を欲するため、必要以上に吸収しようとしてしまい食べ過ぎに繋がります。
それと必要な栄養素が不足してしまうのも良くないですしね。

3食とっても、朝食を多目に、夕食は少なめにするのがポイントです。
朝に摂取したカロリーは一日の生活のうちで消費しやすいので。

また、栄養バランスとしては、夕食では、炭水化物よりも、たんぱく質を多くとるようにした方が、ダイエットには良いようです。

ダイエットには、筋肉を維持し、できれば増やすことが大切です。
筋肉の量は、そのまま基礎代謝量に繋がりますので。
基礎代謝量が増えると、太りにくく痩せやすい身体になります。

たんぱく質は、その筋肉を作る源というわけです。
例え、運動や筋トレをしても、たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないのです。

たんぱく質を効果的に摂取するには、筋肉が作られるタイミングにあわせると良いようです。
そしてそれは運動後の30分~1時間後と夜寝ている間です。
つまり、夕食でたんぱく質を摂取すれば、夜寝ている間に効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物の方は糖質なので、活動のエネルギー源として使われます。
人間の活動には必要不可欠なものですので、朝食、昼食ではしっかりと摂取する必要があります

ただ、夜寝る前に炭水化物をたくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが脂肪として蓄えられてしまいます。
ですので夕食の炭水化物は、少し少なめにした方が良いと考えられています。
スポンサーサイト
ダイエット法 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。