スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

緑黄色野菜と淡色野菜の特長

2011.08.04(11:44)
緑黄色野菜とは、(かぼちゃ、ほうれん草、
ブロッコリー、パセリなど)
濃い色の野菜が緑黄色野菜であるいわれていますが、
実際の緑黄色野菜とは、βーカロテンを含んでいる量が
野菜100g中に600μg以上であるものだそうです。

緑黄色野菜には、ミネラルやβーカロテンなどが
豊富に含まれていつつ、抗酸化作用もあります、

血液の状態を正しくしガンの予防する効果を持っています。

反面、淡色野菜とは、(きゅうり、キャベツ、
大根、なす、レタス)
などの薄い色の野菜を淡色野菜といいます。

淡色野菜には、食物繊維やビタミンCなどが
豊富に含まれていて体内の免疫力を向上に作用を発揮するそうです。

▽マッサージ情報▽
東京都中野区の出張・店舗型マッサージ店検索サイト
出張マッサージ情報 福岡市博多区版
スポンサーサイト
健康情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。